バイク買取相場を知ってからバイクを売る

バイク買取相場がわかるようにバイクの過去の買取価格と現在の中古車価格を同時にチェックできるようにしました。

バイクでガス欠を起こさないために

 

 

ツーリング中などで
ガソリンがなくなると急にバイクが加速しなくなり
あっという間に走らなくなってしまいます。

 

 

ガソリンタンクは、キャップを開けて上から覗くと
まだあるように見えることがありますが

 

 

ガソリンタンクの形は、下に行くほど
容量が少なくなって減りも早くなります。

 

 

ツーリング中に「やばい!」と思って
燃料コックをリザーブに切り替えても
いつガソリンがなくなるか心配で運転に集中できません。

 

 

そのような精神状態でバイクを運転するのは、危険なので
燃料コックをリザーブに切り替えた時と
燃料残量の警告灯がついた時点で
トリップメーターをゼロにリセットしておきましょう。

 

 

リザーブには、
大体2〜3リットルのガソリンが入っているので
燃費がリッター20kmであっても
最低でも40kmは、走れることになります。

 

 

トリップメーターをゼロにしておけば
40kmくらいまでは、安心してはしれます。

 

 

さすがに40km走れば
ガソリンスタンドを見つけることができるでしょう。

 

 

ですからリザーブに切り替えてからも
そんなに心配することもないので
運転に集中しましょう。

 

 

ただし、

  • 自分のバイクの燃料タンクに何リッター入るのか?
  • 燃費がリッター何キロなのか?

といった情報くらいは、知っておきましょう。

 

 

こういうことを知っているだけで
ガソリンが原因で不安にさせられることがなくなります。

 

 

また注意点として
リザーブに切り替えたら
ガソリンを入れた時に元に戻しておきましょう。

 

 

たまに忘れる人がいますが40kmくらい走ると
当たり前ですが加速しなくなり
ガス欠で止まってしまいます。

バイク買取相場を知ってからバイクを売る

バイク買取相場がわかるようにバイクの過去の買取価格と現在の中古車価格を同時にチェックできるようにしました。